Top > 黒酢Q&A > 黒酢と食酢の違い

 黒酢Q&A 黒酢と食酢の違い

黒酢と食酢の違い

黒酢と食酢の違いの口コミ・体験談情報

黒酢と食酢の違いには、味・色・匂い・原料・製造方法・栄養成分などがあります。黒酢は、「玄米」をカメ壷(アマン壷)に入れて、自然発酵・熟成して造ります。必須アミノ酸・非必須アミノ酸・酢酸・ビタミン・ミネラル豊富な食品です。

黒酢と食酢の違いには、味・色・匂・原料・製造方法・栄養成分などがあります。

次に黒酢と食酢の違いについて紹介します。
一般に市販されている食酢(米酢)と、伝統製法の壷造りで発酵・熟成される黒酢の違いです。

匂い・色・味

一般の食酢にはツンとした匂いがありますね。
黒酢と食酢の違いで大きいのは、匂い・色・味です。

黒酢は食酢と異なり、ツンとした匂いがなく深い香りがあります。
深い琥珀色でまろやかな味です。

原料

一般の食酢に使われている原料は、精米された「白米」です。
伝統製法の壷造りの黒酢の原料は「玄米」です。

「玄米」とは、収穫された米から「もみがら」だけを取った米です。
精米された「白米」に比べて、「玄米」の栄養成分は多いのが特徴です。

生命力溢れる「玄米」を水に浸しておくと芽が出てくるそうです。
「白米」と「玄米」という原料も、黒酢と食酢の違いに大きく影響しています。

製造方法

黒酢のふるさとは、鹿児島県の福山町(現・霧島市)です。

鹿児島県の福山町(現・霧島市)では、昔からの伝統製法の壷造りの黒酢を造っています。
「玄米」をカメ壷(アマン壷)にいれて、太陽と地熱で自然醗酵させます。
数ヶ月熟成させて造られています。

一般の食酢が、近代的な工場で短期間に大量生産されるのと比べると、黒酢と食酢の違いが理解できます。

黒酢と食酢の違い(栄養成分)

黒酢と食酢の違いには、原料と製造方法が大きく影響しています。
黒酢は、「玄米」をカメ壷(アマン壷)にいれて、自然醗酵させて数ヶ月熟成させて造られる方法です。
食酢は精米された「白米」を原料として、近代的な工場で短期間に大量生産されます。

黒酢の琥珀色でまろやかな味と匂いは、原料の「玄米」とカメ壷(アマン壷)による製造方法によるものです。
伝統製法で造られる黒酢は、一般の食酢と比較して栄養成分が豊富なのも特徴です。

黒酢の栄養成分には、必須アミノ酸・非必須アミノ酸・酢酸・ビタミン・ミネラルがあります。
特に、必須アミノ酸と非必須アミノ酸の単位当り量が多く、一般の食酢の数倍以上含まれています。

黒酢と食酢の違いでは、必須アミノ酸や非必須アミノ酸などの栄養成分も注目されています。


1
HOME
スニーカー通信